World Orderブログ

最近のニュースを取り上げます

ありがとうございます!大谷選手!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shohei Ohtani | 大谷翔平(@shoheiohtani)がシェアした投稿

おめでとうございます!

18日、アメリカン・リーグエンゼルス大谷翔平選手が年間MVPを受賞しました。

大谷翔平の歴史的MVPで現地アメリカも熱狂…TV局は「まるでビデオゲーム」、エンゼルスタジアムに掲げられた文字は?《最新レポ》(Number Web) - Yahoo!ニュース

 

大谷選手に関するニュースから祝福のキーワードを抜粋します。

 

・全記者(審査員)30名の満票の1位

・満票は90年の歴史で19人目

・日本人としては2001年イチロー選手から、20年振り2人目

・CNNで3分間の特集が組まれた

・投手100マイル(161km/h)、打者140m

 

 

そしてなんといっても、

 

大谷翔平の国民栄誉賞辞退 “野球不毛の地”英国の通信社も速報「日本は国家の栄誉を打診したが、大リーグの大谷は辞退」(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

国民栄誉賞の辞退』

 

 

大谷選手に関しては、別の記事を書く上で、色々と調査してきました。

やはり、野球と自分のまっすぐな関係を大事にされているのではないでしょうか。

 

筆者が受ける、大谷選手の印象は、

アメリカにいるけれどその感じでない。

・ビッグプレーヤーだけれども親近感がある。

・子供のファンの気持ちがわかる。応援している。

・恩師や過去の全てに感謝をしている。

 

あと、スタジアムのごみ拾いは有名ですね。

多分、高校の練習場に落ちているゴミを拾う感覚となんら変わりはないのではないでしょうか。

 

 

いくら稼ごうが、どんなにメディアが取り上げようが、はたまた、

数字(成績)が出ようが、受賞しようが、、

 

野球と大谷選手の信頼関係に何の関係もないということですね。

 

今後浮き出てくるであろう、”辞退の真意”

 

深く読み込みたいと思います。

 

とても、楽しみです。

GACKTさんの騒動の真相は!?

[http://

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Naoki(@blue_rose_x8)がシェアした投稿

(格付けチェックの時)

 

GACKTさんの不倫報道が昨日リリースされましたね。

「GACKTは私の妻と不倫していた」夫が告発(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

 

 

お相手の方は一般女性のようです。

ただ、ご結婚されていた女性ですが、いわゆる不倫関係になったようです。

夫にばれて、ニュース沙汰になったという、、ごく一般的な流れですね。

 

ただ、、

 

【 不思議な点 】

・出会い方は女性からのインスタのメッセージ

 → 一般人と写真一つで会うのでしょうか?

 

・夫にばれる。スマホのライン履歴

 → 記録に残さないなど徹底できなかったのでしょうか。

 

・看板芸能人のGACKTが窮地に立つと、大勢のスタッフが痛手を被る

 → お金を払って解決し、表には出さないこともできたのでは。

 

 

率直な感想は、『あまりに陳腐な、不倫騒動』です。

 

完璧と言われるGACKTさんと、今回のざるな素行を結びつける何かがあるはずです。

 

例えば、、

1.恣意的(しいてき)に、誰かが仕組んだ罠であるとか、

 

2.精神疾患が異常なまでにひどく、スタッフなどを無視したスタンドプレーに走った。

 

3.これまでに同じ件を何件も(相当な人数と)こなしてきており、フォローしきれなかった。

 

4.GACKTが芸能界から去るために自身が仕組んだ芝居?

 

などなど。

 

情報網は、

 まず、電光石火のwebニュース

 さらに、情報を拡散するワイドショー

 追って、踏み込んだ内容の週刊誌 へと展開していくでしょう。

 

対象が話題性があり、ギャップがあり、人気がある人だからこそ広がり、熱も冷めにくいと思われます。法廷にシーンが映った後も日本中が注目されることでしょう。筆者としては翔んで埼玉の続編が見たいので、、(このニュース自体が)いつの間にかフェードアウトして欲しいですが。。

 

しばらく、同行が気になります。

 

*GACKTさんの体調

 

一方で、休止されている体調面も心配です。

webニュースなどで、心労を重ねる有名人も少なくありません。

しばらくそっとして置いてほしいですね。

 

 

デビューの日に解散したV6

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@jun_okada.v6がシェアした投稿

~2021年11月1日に解散したV6~

 

1995年11月1日にデビューし、26年間の軌跡。

 

ジャニーズの中でも最も、一般人寄りの存在だったと思います。

 

近所のお兄ちゃん達、、みたいな。

 

取引先の元気な社員さん達、、みたいな。

 

 

学校へ行こう」のイメージそのもので、

 

世間の少し先を先導してくれた、先輩のような存在でした。

 

 

家庭的なイメージもあって、実際

・井ノ原快彦さん

長野博さん

岡田准一さん

森田剛さん

は、ご結婚されていて、そのうちの3人の奥さんが、解散ライブに駆けつけています。

 

V6解散ライブに女優妻がステルス参加!宮沢りえ、宮崎あおい、瀬戸朝香が揃い踏み(女性自身) - Yahoo!ニュース

 

今後のソロの活動が楽しみ

 

今後はまとまった活動はしないものの、しばらくは元V6の・・・と紹介されそうな気がします。ほぼ今まで通りで、V6として活動しないだけで、実質大きな変化はなさそうです。

ただ、個人の意識が切り替わることが一番大きいと思います。

・単独になった。

・自分で判断できる。

 

こういった根底にある意識が変わることで、更にオリジナルが際立っていくと思い、そこがまた楽しみなところでもあります。

 

この6人は、世間から愛されている度合いが高いと感じます。

愛されている人は、その愛を感じ、それを返そうとするので、行動の折に、周りを無視したような偏った判断はしないのです。

 

26年は6人が平均化されていたところがあるので、

今後は、その差が目立ってくるかもしれません。

新しく事務所を設立した、森田さん、りえさんは経営の部分で、世間とどう接していくのかが分かれ目かなと思ったりします。

 

井ノ原さん、長野さんは家庭的で安心の象徴でいると思います。

 

岡田さんは黄金の孤高。特に俳優業で全て成功する予感です。

 

坂本さんは、味わい深い年齢と歌唱力でブランドを築いてほしいですし、

 

三宅さんは、天性の運の良さで導かれる気がしますが、素を活かしてくれる番組やコミュニティを見つけて欲しいですね。

 

 

新しい時代の形とは

 

平成を駆け抜けたグループがひとつずつ形を変えていきます。

 

 

風の時代は個々の時代とも言われているように、

 

 

チームの解散、離脱、個人活動も珍しいことではないのかもしれません。

 

 

グループや団体に所属する概念すら消えゆく時代かもしれませんね。

 

 

 

6人の未来がより輝くように、一緒に時代を楽しみたいと思います!

板垣李光人さん「美のひけつ」

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

板垣李光人(@itagakirihito_official)がシェアした投稿

~板垣李光人さん~

 

美のひけつは、我慢しないこと。

 

美男子の代表格ともいえる、板垣李光人さん。

美しさを保つには、「ストレスを受けないこと」と語っています。

 

~製品の宣伝にて~

板垣李光人 美の秘けつは「ストレスを受けないのが一番いい」/芸能/デイリースポーツ online

 

 

ここでのストレスは、我慢をすること。

 

食べたいのに食べないではなく、

食べたいときに食べることも時に必要と言っています。

 

確かに、日本人の気質か・・耐え抜いた先に目標達成があるといった考えは、

我慢を経由し、ストレスを発生させるかもしれませんね。

 

ストレスを感じたら、受け流す。

ストレスが生じそうな場面を避ける。

 

「我慢が美徳」

 

といった意識が自身の中にあるだろうし、周囲から期待される場合もあります。

自身の身の置きどころを”ストレスと疎遠”な点で選んでみてはどうでしょうか。

 

「考えないこと」も美のひけつ。

更に、板垣李光人さんは、”考えない”時間を作っているようです。

 

考えることがストレスになる。

 

確かにそうだと思います。

 

考えることで、いろいろな心理状態になります。

 

往々にして、ネガティブな考えになりませんか?

 

トラブルを避けるために、問題点を想起する習性は人間本来の姿かもしれません。

 

 

だからこそ、考えない。

 

 

板垣李光人さん、やりますね。

 

とても自然体で、水のような、風のようなふんわりさらっとした物の捉え方。

 

敏感に今を感じ取る感性あふれる人間性がまさに光っていますね♪

玉木宏さんのヤクザ姿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

禅(@zen_pig_zen_910)がシェアした投稿

玉木宏さん

 

話題のヤクザ漫画『極主夫道(ごくしゅふどう)』が映画化されるようです☆彡

 

hochi.news

 

ヤクザ×主夫

 

いたってシンプルな組み合わせで、めっちゃ面白いです。

日常の様々なシーンに、ヤクザテイストがちょうどいいスパイスでフィーチャーしてくるのです。玉木宏さんは主役の足を洗った龍(たつ:主人公)を見事に演じています!

 

誰かが言っていましたが、「普通に少し違うが加わると面白いになる」ようです。

 

日常にヤクザがうっすらと寄り添う。そういう事でしょうか。

 

本当は同じ人間だよね。

 

2018年にネットアニメとして登場し、

2020年には同じく玉木宏さん主演でドラマ化

続いて、Netfrixで全世界配信へ!

2022年に今回のニュースにもある、映画化へ・・

 

この爆発的人気(外国の方々はおヤクザさんの存在は分かるのでしょうか。。)はどこからくるのでしょうか??

 

恐らくですが、おヤクザのみなさんは、怖くて少し距離感のある人達だけど、、本当は同じ人間だよね。人間味があるんだよね。と言った、期待が再現されているからではないでしょうか。

 

ヤクザと言えども、違う人種じゃない。

普通の人間だけど、周りに同調していたり、いつからかあるイメージを被り続けているだけだよね。

 

それを、思いっきり描いてくれているからだと思います。

気持ちのいいくらい、爽快に!!

 

 

肩書の鎧をひとつずつ外した先の、

温かい心同士で、寄り添える世の中へ。

 

龍の包丁が、世界を切り開きます。

 

矢部美穂さん、学生時代の壮絶ないじめと家庭環境

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

矢部美穂(@miho.yabe.0607)がシェアした投稿

矢部美穂さん

 

15歳で芸能界入りするまでは壮絶ないじめの日々

矢部美穂さん 母は4度離婚、クラス全員にいじめられ…カッターを手首に当てたとき「大人になった自分を見たい」と(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース

 

・小学校高学年から中学校卒業までクラス中からいじめ

・母親が4回の離婚(実父との別れ、替わるがわる父親)

 

これだけで、相当な境遇ですが、驚くことは、耐え抜いたということです。

 

矢部美穂さんはタフなのか

矢部美穂さんは、

・4人兄弟の長女で家ではイニシアチブをとっていた。

・学校をさぼるなどして、逃げ道を作っていた。

 

様です。タフさもあるけれど、したたかさ(周囲が見えていた)も十分にあるように思えます。どこか、いい意味で世間と距離感を取っていた(感じていた)のかもしれませんね。。

 

 

結婚とはを考える時代へ

矢部美穂さんは結婚はされていません。

お母さんとの記憶(再婚を繰り返す日々)が蘇ってくるからと述べています。

 

「この人が本当に最後の人なのか」

「この人が本当に最良の人なのか」

 

問いかけが始まるようです。

結婚しかり、人生において大きな決断をする時は、往々にして出てくる問いかけですね。

 

星の数ほどいる男性の中で、最後か最良かはその時点では決まっておらず、、

 

 

だからこそ、最後の関係、最良の関係にすり合わせていく、関係性を成熟させていく必要があると思います。「すり合わせることができる人かどうか」稼げるか否か、身体的アドバンテージはどこか、ではなく、その時その時の価値観や状態を鑑みて、関係性や行動を緻密に変化できるか、共有できるかが大事だと思います。

 

現役アイドルの活躍

矢部美穂、大原がおりとレースクイーン姿を公開「抜群のスタイル」「40代とは思えない」 : スポーツ報知

 

筆者の歳が近いためか、どこか応援してしまうし、

同級生の女子の40代感が否めない中での、美しさを保持しているところが魅力に映りますね。

 

つらい境遇を個人で切り抜けた矢部みほさん。

 

世の中ではそうもいかない人がいる。

 

 

いじめに遭ったらどうしよう。

 

つらいよね。。

 

 

それは矢部美穂さんのお母さんが教えてくれているのかも。

 

世の中からいじめを消すには、、”毎日会う人をなくすこと”じゃないかと思う。

 

人間関係は水の関係。いつしか淀む。

 

4回離婚したお母さんは、淀むと感じたら縁を切ることができていたのではないだろうか。

 

人間関係のトラブルはいつもよどみが原因だと思う。

 

ほら、人事異動するように、学校も個人単位の動きを加速してみて欲しい。

 

 

みんなの毎日が、すがすがしく、未来に向けて動ける時間になりますように。

 

[http:// :title]

熟年離婚とトランスジェンダー

 

f:id:yagana:20211030205501j:plain



 

27年の結婚生活の後に…同性愛のカミングアウトを決意した女性の物語(コスモポリタン) - Yahoo!ニュース

 

トランスジェンダー

ジェンダーレス

ボーダーレス ・・

 

などなど、世間では性の自由度に注目されるようになってきています。

 

そんな中で、アメリカの57歳の女性の物語です。

 

4人のお子さんを育て、27年間連れ添った旦那と別れ、

 

女性を愛して生きていくスタイルを選びなおしたのです。

 

「自分とは。」

 

昔は性のくくりに従わなければならなかった。

 

自分も周囲も同じ認識なら問題視することもなかったが、

 

それが異なるとその人にとっては窮屈な肩書になってしまう。

 

特に、社会と性は密接に結びついていて、それぞれがそれぞれの役割をもって成り立っている。

 

世間から男性と見られれば男性だし、女性と見られれば女性。そしてその役割を全うすることを、

 

知らず知らずに期待されてしまう。

 

f:id:yagana:20211030210029j:plain

 

選べる時代へ

 

どんな時間を過ごしたいか、自分で選べる幅が広がってきた。

 

必ずしも結婚しなくてもよいし、会社員にならなくてもよい

 

仕事だってしなくていいし、朝から晩まで仕事に走り回ってもいい

 

それぞれが、自身の人生をどう彩りたいかで、選択していけばいい。

 

 

思っていることと、言っていることと、動いていることが違っていると

 

人は疲れていき、その逆は、エネルギーが充満していく。

 

このアメリカ人の女性は、性を認識して、口にだし、行動した。

 

心も体も軽くなったことは言うまでもないと思う。

 

 

お母さん、お父さん、主婦、プロジェクトリーダー、、男性、女性、おじさん、おばさん・・

 

自分をカテゴライズしていないか、ニュートラルに問いかけてみたらいいと思う。

 

自分には世界に1つだけの名前があるように、自分の価値観はここにしかない。

 

それをよく知っているのは・・

 

f:id:yagana:20211030210242j:plain



 

 

本来の自分でいること。これが、”自由”な状態です。

 

お金があっても時間があっても自由そのものではないと思う。

 

心と行動がシンクロし、心の中の自分が行動できる世界と自由に行き来できる状態。

 

思った行為を、この世界で表現できる状態。

 

これが自由ではないかな。

 

 

 

おじさんと言われる人だって、ジブリのぬいぐるみを抱きしめて寝たらいいし(笑)

 

女性と言われる人に至っては、この世からおばさんは消失すると思う(笑)

 

 

あなたである今日に、おめでとう!